王妃マルゴ(萩尾望都)

JUGEMテーマ:読書の楽しみ

 

フネでございます。こんばんは!

 

みなさまは萩尾望都という漫画家をご存じでしょうか?

「ポーの一族」「残酷な神が支配する」などの代表作があり、文化功労者にも選ばれています。

フネの少女時代からずっとファンで、ほとんどの作品を読んでいます。

「王妃マルゴ」は最新作ですが、すでに7巻まで出ているというのに、まだ読んでおりませんでした。

 

何か月か前に、

カツオとフネの共通の趣味「読書(漫画)」の話題になったとき、

フネ「カツオ、アマゾンで「王妃マルゴ」買ってくれん?中古でかまんけん。もちろんお金は払うよ」

カツオ「中古はあんまり出てないよ」

フネ「ほうなん、どうしよか〜?」

と、それっきりあきらめていて、古本屋にでも出たら買おうかな〜と思っていましたところ。

 

先日のこと、

カツオ「はい、フネちゃん。誕プレ」と言って手渡してくれたアマゾンの箱に入っていたのは…

なんと!なんと!

「王妃マルゴ」ではないですか!

カツオが買ってくれました。しかも新品で!

え?え?え?

何で?

フネの誕生日は3月なんですけど。

カツオ「ちょっと早いけどね」

 

え〜〜〜〜

最高に嬉しい〜〜〜。

フネが欲しいものをよくわかってくれています。

自分だったら

(新品はもったいないな〜)(でも欲しいな〜)

と思いながら、買っていなかったと思います。

 

本当にうれしい〜、カツオありがとう〜💚

今まで育ててきて本当に良かった〜(大げさ?)

 

毎日楽しみに少しずつ読んでいます。

フランスの宗教戦争が舞台で、王妃マルゴがどんな人生を送るのか?

萩尾望都ならではのストーリー展開に目が離せません。

良い本は人生を豊かにしてくれますね。

 

今日も読んでくださってありがとうございます。


50歳代ランキング

スポンサーサイト

コメント